アーカイブ | 10月 2017

寝るときにバンザイをしてしまう人は注意

自分では見ることのできない寝相。

よくバンザイをするように眠りにつくとき、腕を上げて寝たり

朝目覚めた時にバンザイしているなんてことはないでしょうか?

この寝相大人は要注意だって皆さん知ってましたか?

バンザイ寝をしてしまう人は、その姿勢が楽だからです。

デスクワークの方や、猫背気の方など、背中の筋肉が硬い場合肋骨の動きが悪いと深い呼吸ができない為、呼吸をもっと楽にしたいと思い、無意識にしてしまっているんです。

首や肩が凝っている方も、腕を上げて寝ることによってストレッチをしている状態になり、首や肩の筋肉がゆるんで楽に感じます。

これのどこがいけないの?と思う方もいるかもしれませんが、同じ腕を上げた姿勢を続けていると、疲れるし、血行やリンパの流れが悪くなります。そうなると、コリやむくみの原因になってしまう訳です。

また、腕を上げたまま寝ると腕が疲れるので、睡眠自体も浅くなり、美容にも良くありません。

健康にも美容にも良くないこのバンザイ寝。

普段から姿勢に気をつけたり、ストレッチや運動で体を動かしてあげるのもいいでしょう。

 

 

たんぱく質摂取して毎日元気な身体を作りましょう!

成人が一日に最低限必要なたんぱく質量は、

50キロの人なら50グラム。

代謝アップを狙う方はさらにこの上を目指すといいでしょう。

※肉や魚の重さ=たんぱく質の重さではないので要注意です!

 

動物性たんぱく質・植物性たんぱく質があるので

1日動物性が7割・大豆類などの植物性が3割のバランスを目指し、摂取しすぎに注意して、毎日元気で疲れ知らずの身体を作っていきましょう!(^^)!

 

美肌をつくるならたんぱく質!

たんぱく質はカラダで吸収・消化された後、アミノ酸に分解され、その後、肝臓で蓄えられて、肝臓から体中のさまざまな組織に送られます。例えば、筋肉・皮膚・髪・爪・血液などなど。。。毎日吸収・消化されているので、毎日たんぱく質が必要になってきます。

 

タンパク質が不足すると・・むくみやすくなったり、肌が荒れたり、疲れやすくなったり、免疫が低下してしまったり、思考・集中力が低下したりと、いろんな症状が出てきます。そのような症状が出ていたら、タンパク質を摂ることをオススメします!!

 

たんぱく質が多い食品は

豆類・・納豆、豆腐、おからなど

肉類・・牛・豚のモモ肉やヒレ肉、鶏のささみ・ももなど

魚介類・・マグロやカツオ、サバ、タラ、サケなど

乳製品・・牛乳・ヨーグルト・チーズなど

食事でとれない時は、プロテインやサプリメントなどなど

 

 

 

整体と将棋 Vol.4

第30期竜王戦6組初戦、現役最年長棋士・加藤一二三九段との対局。プロとしての公式戦初対局は2016年12・24クリスマスイブ(加藤先生はクリスチャン・パウロ先生として有名)に行われた。両天才棋士の年齢差62歳6か月。この対局は110手で藤井四段の勝利。公式戦の出場、勝利の史上最年少記録を更新した。加藤vs藤井。。。なんという因果。バトンタッチリレーだ!