アーカイブ | 12月 2016

年末年始のご案内です。

今年もありがとうございます。

年内は12/30(金)まで、

年始は01/04(水)からとなります。

この時期は疲れ、体重増、大掃除。。。でギックリ腰注意時期です!

ではでは宜しくお願い致します。

 

寒い冬におすすめ しょうが紅茶

しょうが紅茶の効果とは?

①「しょうが」の効果

体が温められ発汗が促進され、血液の流れがよくなり血液の汚れをとってくれます。そして消化機能も促進され、利尿作用があります。 他にもいろいろな効果があるすごいパワーをもった生姜。

このしょうがに加えて・・・

②「紅茶」の効果

紅茶には、カフェインという成分が入っていてこの成分は、利尿作用があります。生姜にも利尿作用がありますが、紅茶にも同じ効果があるのですね。 体に水がたまってしまうと、体が冷えてしまったり、病気の原因になったり、体がむくんでしまったりします。

①と②を合わせた「しょうが紅茶」は相性抜群!

生姜紅茶は 利尿作用があるので、摂りすぎた水分を排出してくれるのですね。 水分は摂りたい、でも余分な水分は体から出したいものですよね。それには生姜紅茶が一番!ということですね。

また、紅茶には、テアフラビンという成分が入っていてこの成分は、体を温めてくれる効果があります。生姜にもあたため効果があります。 ということであたため効果についても抜群ということですね。

個人差はもちろんありますが、さまざまな効果が期待できるそうです!

冷え性、むくみ、便秘や下痢、こりや痛み、高血圧、狭心症、抑うつ気分、水太りなどに奏功する。 毎日3~6杯飲む習慣をつけると、さまざまな心身の不調から解放されるはずである。

しょうが紅茶を1日3杯以上飲むと、1~2日で500g~1㎏、以後、徐々に減って、減量に成功できる人がほとんどです。しょうが紅茶がそれほどの減量効果を発揮する理由は、体を温めて代謝をあげ、その上、発汗と強力な利尿効果により水太りが改善できる、という点にあります。

早く治したい風邪に 3

③ホッカイロで体を温める

風邪を引いて寒気を感じたら、まずは体を温めましょう。

特に意識して温めて頂きたいのは、下図のポイントです。この周辺をホッカイロなどで温めましょう。

位置:首を前に倒した時に、首の裏にある一番でっぱった骨の2つ下の骨から、左右それぞれ指2本分外側にあります。

風邪をひいたときだけでなく、風邪をひかないための対策としてもおすすめです。体は、常に冷やさず温かくしておくように心がけましょう。

早く治したい風邪に 2

②風邪をひいたと思ったらビタミンCを摂る

ビタミンCは、風邪の菌に対抗する免疫をサポートしてくれるとされています。
体に良い働きを期待する場合、1日にビタミンCを2,000mg程度目安で摂ると良いと言われています。

ビタミンCは摂取してから2~4時間程度で、尿や汗となって体外に排出されてしまうとされているので、一気に摂るよりも、数回に(約2~4時間おきに)分けて摂ることをおすすめします。
こまめに摂ることで、免疫をサポートし続けてくれるので、早く風邪がよくすることも期待できます。

ビタミンCを多く含む食べ物・飲み物:赤・黄ピーマン・アセロラジュース・レモン・キウイなど
なかなか食事だけで必要な栄養を摂るのが難しいという方は、サプリメントなどを併用するのも良いでしょう。

サプリメントはあくまで、「栄養補助食品」ですので、できる限る食事でバランスを取り、不足を補うために利用することをおすすめします。

施術ベット&待合スペース

 

整体用の施術ベットです。クッションのサイズUPした特注なんですよ、実は。。。

今までで一番大きかった方は200cmの125kgくらいですかね。おかげさまでびくともしませんでした。(奥に見えるスピーカーは友人が作ってくれたお手製です♫)

 

待合スペースには2〜3人座れる真っ赤なソファーがあります。

なのでペアで来られた方はこちらで待っててもらいます。複数人でもどーぞ。

玄関先です。